2013年09月06日

『水曜どうでしょう』特典映像

 10代後半の男性は、指原1位に「衝撃です」と興奮気味。「速報では1位でしたが、まさか本当に1位になるとは思っていませんでした。
1位は優子だと思っていました。当時、AKB48に所属していた指原莉乃が週刊誌で過去のスキャンダルが報道され、HKT48に移籍することにな
った時からだ。
  20代後半の女性は、「さしこは、スキャンダルでAKB48からHKT48へ移籍したのですが、博多でさしこにファンが付いたじゃないですか
。世間の人が思っているよりも、ファンは温かいんだなと思いました」と嬉しそうに語った。今年の選挙は涙が出ません」という。20代前
半の男性は、「さしこが1位になって、AKBのあり方が180度変わるかもしれません。1位の発表が終わっても、水曜どうでしょう DVD
AKB48カフェの前では人だかり
がなくならず、日刊スポーツの「指原驚き?初女王」の号外がばらまかれると、一帯が、一時騒然となった。20代前半男性は、「総監督の神
セブン落ちはショックでしたが、神セブン崩しという意味なら、SKE48の松井珠理奈と松井玲奈が7位までに食い込みました。しかも、SKEは
、この2人の他に16位以内にもう一人入っています。支店ではメンバーが大量に辞めたのですが、それでも、SKEも、HKTも、NMBも、エース
だけじゃなく、エースに続く人達がたくさん入っています。6月に行われた第5回AKB48総選挙で第1位となった、博多を拠点に活動するアイ
ドルグループ、HKT48の指原莉乃と漫画家の小林よしのり氏の1年間にわたるバトルがファンを中心に話題になっている。さしこが1位になっ
たし、これからは、支店の時代が来ますよ!」と誇らしげに語った。
  すると指原は、「あ~でた~指原のことが嫌いな人だ!」と先制パンチ。さらに、「むしろ『アンチ』になって見守るのが、さしこの
ためだと思っている」と発言。ここから二人の不思議な戦いがはじまった。当時から、AKB48の熱烈なファンであった漫画家の小林よしのり
氏が、スキャンダルについての指原の説明に対して、「曖昧さは、原発事故の罪を追及される東電の言い訳のように曖昧に見える」と自身
のブログで指摘。
posted by haomuch at 14:40| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。